教室紹介

学部においては、地域看護学・在宅看護論の講義および在宅看護学実習を担当しています。

学部教育では、地域看護学の講義、在宅看護論/学の講義と実習を担当しています。

修士・博士課程では、地域看護学の特論・演習・実習を行っています。

課程を通じて、対象領域と研究方法論のそれぞれについて、一人ひとりが得意分野を持てることを目指しています。

修了生は、大学教員として全国各地の大学へ、研究者として研究所・シンクタンクへ、保健師として行政機関や企業へ就職して活躍しています。

また、修士課程では、保健師教育課程の講義・実習を担当しています。保健師教育課程を修了すると保健師国家試験の受験資格を得ることができます。

詳しい募集要項は、大学院医学系研究科のホームページをご覧ください。

教室で行っている研究活動の詳細は、こちらをご覧ください。

地域看護学教室の教授を兼担しております。少子高齢化が進む日本において、

地域看護学とそれを基盤とした保健師の活動・技術の発展は、とても重要な課題の1つと感じています。

 

そんな中、若手の先生方が、研究・教育に頑張っています。

日本と世界の地域看護、保健師活動に貢献できるように、広い視野で研究・教育を進めていきたいと思っています。

 

地域看護学の発展と保健師教育プログラムの開発に向け、

地域看護や保健師の活動に関心のある方、一緒に新しい研究をしていきませんか。

教授 山本 則子

助教

岩崎 りほ
Riho Iwasaki, phD,RN,PHN
研究テーマ:行政保健師や母子保健に関する研究

ひとこと:強みだけでなく弱み(課題)も含めて保健師という職業を客観的に捉えることを目指しています。

助教

本田 千可子
Chikako Honda, phD,RN,PHN
研究テーマ:母子保健、傷害予防、公衆衛生看護

ひとこと:疾病や傷害を予防し、地域住民が自分らしく健康に暮らせる支援や仕組みづくりについて、公衆衛生看護の立場からお手伝いできることを考えています。

助教

角川由香
Yuka Sumikawa, phD,RN,PHN
研究テーマ:移行期支援、地域包括ケアシステム、在宅ケア

ひとこと:病気や障がいを抱えたとき、「あなたはどこで、誰と、どのように過ごしたい=生きていきたいですか?」 個々人の思いが少しでも実現できるような地域ケアシステムの構築に向けて、貢献していきたいです。

博士課程

松本 博成
Hiroshige Matsumoto, RN,PHN
研究テーマ:認知症、高齢者保健

ひとこと:地域包括支援センターでの保健師経験を活かしながら、常に新しい視点で研究・開発に取り組み、「高齢者・認知症の人にやさしい地域」づくりに貢献したいと考えています。

博士課程

前田 明里
Akari Maeda, RN,PHN
研究テーマ:在宅看護、外来看護、公衆衛生看護

ひとこと:病状や環境の変化があっても、地域で安心して暮らしていけるための支援やシステムづくりに貢献していきたいです。

博士課程

城内 愛
Mana Shirouchi, RN, PHN
研究テーマ:公衆衛生・退院支援・精神保健・感染症

ひとこと:行政保健師としての経験を活かしつつ、地域で暮らす全てのひとが思いを尊重し合い安心して暮らせる社会づくりに貢献したいです。

修士課程

田中 乃里羽
Noriha Tanaka, RN
研究テーマ:小児在宅、退院支援

ひとこと:在宅医療が必要な子どもとその家族が、地域でその人らしく生活していけるために必要な支援について考えていきたいです。

修士課程

天野萌
Moe Amano, RN
研究テーマ:退院支援、発達障害

ひとこと:疾患や障がいを抱えた方に関して、地域での連携やより良いサポート体制について考えていきたいです。

修士課程

小西はる子
Haruko Konishi, RN
研究テーマ:母子保健・育児支援

ひとこと:少子高齢化が進む中で、全ての親子が安心して育っていけるような地域づくりについて考えていきたいです。

修士課程

山﨑未来
Miku Yamazaki, RN
研究テーマ:地域包括ケアシステム、介護負担、認知症

ひとこと:高齢者を支える家族の負担が軽減するような支援や、たとえ高齢者が独居であっても地域で支えていける地域包括ケアシステムに貢献していきたいと思っています。

医学部5号館の場所はこちら、詳細地図ははこちらからご覧になれます。